収入が減ってパニックになる方も

NO IMAGE

もしあなたのYouTubeアカウントが停止されたらYouTubeへ異議申し立てをしてそれが認められない限りアカウント停止解除されないです。
ユーチューブの意義申し立ては自分のアカウントが停止された理由としてユーチューブの判断まちがっていて停止解除してもらいたいといった申請を送ることです。
YouTubeのアカウント停止は人の監視で手動で停止してることもありますが、ほとんどのケースでプログラムによる自動判断で停止されてると思われます。

これが間違ってることがおおくて一方的に停止したままにするのでなく異議申し立て復活できたりする形で運営されています。
そして、ユーチューブの自動プログラムの誤ったアカウント停止は誤banとも呼ばれています。とにかくアユーチューブアカウント停止されれば、そのチャンネル捨ててもいいとおもってるのではないのなら、異議申し立てすること検討してください。

そしてアカウント停止されて異議申し立てをして実際アカウント復活するまで期間どれぐらいでしょうか?
ここは私の経験で見ますが、アカウント停止から復活までは本当にまちまちです。それこそ即日アカウント停止が解除され、チャンネル復活する人がいる一方、異議申し立てで1か月以上経過してやっと復活する人がいます。

そして、アカウント復活までの期間は時期によりことなります。
ユーチューブはスパムチャンネル排除を目的に定期的にアカウントban祭りと呼ぶ大規模アカウント削除をすることがあります。そうしたときYouTube内の評価アルゴリズム大きく変更され、多くのアカウント停止されることになります。

その分本来ないアカウント停止されるべきでない方たちのものも停止されるケースがあります。この時停止受けたら、多くの方は一斉に異議申し立てをすることになり、結果YouTube側の問い合わせ対応追い付かないで、復活まで時間がかかります。そして、広告収入激変しても正しく原因把握して改善できるケースがあります。

広告収入激変してしまう理由はどういったものかしっかり把握して対処してください。そしてYouTube1再生当たりの広告収入単価は時期により異なって、これを知らないで投稿をしていれば、12月まで順調に収入伸びていても1月に入り急に収入減ったという感じでパニックになる方が多いです。

また、YouTubeの広告収入単価は企業のYouTubeへ広告出稿量により異なって年末商戦の12月などに単価があがり、ユーチューブ上に表示される広告量増えるのです。