なぜ特商法が重要なのか?

NO IMAGE

安心して取引をするための基本ルール

最近ではせどりや転売を副業としてする人が多く、インターネットを使って仕入れや売却を行う方法が主流になっています。
購入や売却を行うときはネット上ですると不正行為をしやすくなり、利用する側もルールを設けないと信用できなくて不安になります。

特商法は消費者庁が安心して電子商取引を行えるようにルールを設け、販売元の情報を明確にして虚偽の内容を伝えないようにするなどガイドラインを定めていて守ることが必要です。

最近では電脳せどりが主流でわざわざ店舗に行かずに商品を仕入れ、そのまま売却を行うとスムーズに取引ができます。

インターネットを使うと短時間で取引ができリピーターを確保すると売上を伸ばしやすいですが、詐欺が起きれば損をすることになり、お互いにルールを守って行うことが大事です。

どのような内容なのか

特商法は電子商取引を安心して行えるように設定され、販売者の名前や住所、連絡先、個人情報に関する取り扱い方を明記する必要があります。

個人情報は相手の名前や住所、電話番号、メールアドレスなどがあり、取引のみに限定して利用しないよう約束することが必要です。

住所は連絡がつくよう枝番まで記載することや、電話番号は携帯電話だと解約しやすく信用が薄くなり固定電話にすることが求められます。

また、トラブルが起きた場合に対応できるようメールアドレスで問い合わせ、返金するように相手に約束をしないとチャンスロスになり準備することが大事です。

そのほか、相手の注目をひくために誇大広告を掲載したり、虚偽の内容を伝えると信用を失い、違反報告をされれば利用できなくなる場合もあります。

安心して取引をするよう心がけよう

特商法は電子商取引をするための基本ルールになり、お互いに守っていればトラブルが起きにくくなります。

せどりや転売はいかにリピーターを増やして続けられるかが重要になり、そのためには詐欺の被害にあわないようにすることが必要です。

消費者庁はネット通販や訪問販売などでのトラブルを防ぐために特商法を設定し、状況に応じてルールが変更される場合もあります。

このため、取引を行う前に最新の情報を確かめてお互いに安心してできるよう責任を持ち、リピーターを増やせるよう信用を強化することが大事です。

せどりや転売はスキマ時間で副業として取引をすると稼げますが、そのためにはリピーターを確保する必要があります。

特商法はスムーズに取引をするために必要不可欠で、表記があるか確かめて仕入れや売却を行うことが重要です。