転売ビジネスと特商法の関係を知る必要性

NO IMAGE

転売ビジネスにはルールがある

転売ビジネスといえばネット副業としても有名で、安く仕入れて高く売ると差額で利益を出せる仕組みです。
しかし、特商法で定められたルールがあり、内容を確かめて違反をしないよう責任を持って取引を行う必要があります。
インターネットを使った取引はわざわざ店舗に行かずに済むため便利ですが、不正や詐欺をしやすいため特商法で守るべきルールを定めています。

ルールは取引をするために偽った情報を伝えたり勧誘や詐欺を防ぐために設定され、ECサイトやネットショップを開くときにホームページ上で明記することが必要です。

転売ビジネスは不足しているものを高く売って利益を得る行為は禁止され、買い占めなど大量に商品を仕入れないよう制限する傾向が強いです。
商品を仕入れて売るときは偽物が流通している場合もあり、売る前に確かめて返金してもらえるようにする必要があります。

安心して利用できるサービスを探そう

転売は商品をまとめて注文すると単価が安くなり、1個など小口でほしい人に売ると差額で利益を出せます。
商品を買うためには10個などまとめて注文すると1個あたりの価格が安くなりますが、1個や2個では高くなり在庫を抱えたくない人も多いです。

転売ビジネスはこのような需要に応えるために行いますが、特商法を守って取引をする必要があります。
仕入れは通販サイトを使うと便利で、海外は人件費や原料の価格が安く商品を安く販売していることが特徴です。
転売ビジネスは流通価格の差を利益にする仕組みですが、稼げるようにするためにはリピーターを確保することが求められます。

違反をすると迷惑がかかることを自覚しよう

特商法は安心して商取引をするためにルールを定め、それぞれの内容を確かめ違反をしないようにする必要があります。

また、仕入れる際に販売元の企業の所在地や連絡先、サービス内容を確かめないとトラブルが起きても返金できず、相手に転売できなくなるため一方的に損をすることになり注意が必要です。
このような状態は相手に商品が届くまで待たせることになり、迷惑がかかり信用を失いやすくなります。

転売ビジネスは相手に信頼されないとリピーターを作れなくなり、特商法を守ってニーズに応えるようにすることが大事です。

相手のニーズはSNSを使えばコミュニケーションができ、楽しみにしてもらえるようにするとやりがいがあります。
転売ビジネスはこのような信用の積み重ねになり、違反をすれば失うことになるためきちんと自覚することが重要です。